toggle
2016-06-04

HAIR BASE OaKのこだわり。

当店では使用する商品にもこだわりを持ってとり揃えています。

シャンプー

肌に負担をかけない優しいものを使いたいという思いから「ADJUBANT-アジュバン-」のシャンプーシリーズ「Re:>>>シャンプー」を使用しています。

アジュバンは化粧品も作っている会社で『糖』と『ミネラル』にこだわって商品を作っています。

間違ったお手入れや、繰り返されるヘアカラー・パーマにより、髪の健やかさが失われ、ダメージを招く原因になります。

Re:>>>シリーズは、毎日のシャンプー&トリートメントによって優しくケアしながら、本来の健やかさを取り戻すことをコンセプトとしたヘアケアシリーズです。OaKでは頭皮や髪の状態に合わせて3つのシリーズをセレクトしています。

炭酸泉&炭酸ムース

炭酸とは二酸化炭素が水溶液中に溶けた状態、炭酸水を指し

炭酸泉は、お湯の中に二酸化炭素が溶け込んでいる状態です。

ヨーロッパでは<心臓の湯>と言われ、古くから健康維持病気治療や

リハビリテーションなどの医療目的で利用されています。
また、スキンケアやヘアケアなど美容アイテムとしても利用されるなど、幅広く利用されています。しかし、単純に

「炭酸を含んでいれば美容効果が得られる」

というわけではありません。

実は、炭酸の濃度によって得られる効果が大きく変わってくるのです。

炭酸濃度の目安となるのは「ppm(ピーピーエム)」という単位です。

「高濃度炭酸泉」と言われるものは1000ppm以上の濃度を持った炭酸泉のことを指します。

これは1リットルのお 湯に0.1%の炭酸ガスが含まれており天然温泉では「療養泉」と呼ばれ、ケガや病気などの治療目的で利用されることもあります。
「濃い炭酸」と聞くとシュワシュワと強い泡立ちをイメージされる方が多いと思います。

もちろん、炭酸の濃度と泡立ちは比例する部分もありますが

炭酸の濃度とは、あくまで炭酸ガスが溶け込んでいる量が重要になります。

最近では「10,000ppmの炭酸濃度」を謳った化粧品も見受けられますが、炭酸の水に溶け込む濃度はせいぜい4,000ppm弱くらいです。

これ以上は水に溶け込むことができず、大きな泡として外に出ていってしまいます。

炭酸のシュワシュワというイメージがまさにこの溶け込めなかった炭酸の状 態です。

炭酸による美肌効果は“溶け込んでいる炭酸の濃度”にあるので、泡の量ではありません。

炭酸は水温が高くなるほど溶けにくくなる性質があるので、炭酸泉としての濃度は高くても1,200ppmくらいです。

オークで使用している炭酸泉は1080ppm以上の濃度があります。

ちなみに、一般的な炭酸入浴剤(バ〇)は100ppm くらいになります。

この炭酸泉は炭酸ガスを直接入れ込む機械によって作っています。

この炭酸ガスの機械を使って余分な成分の入っていない高濃度の炭酸ムースを使って肌や髪のケアをしていきます。

ヘアサロンにおける炭酸の役割とは

①汚れの除去

炭酸水で髪を洗うと良く分かりやすいですが、手触りの良さと髪の艶を実感出来るかと思います。これは髪質が改善された訳ではなく、髪の表面に付着していた余分なものが取れたからです。

髪の表面に凹凸があれば当然光は乱反射して艶は出なくなります。トリートメントカスや、シリコンカス、脂、汚れ(埃)などが普段は着いている訳ですから艶なんか出ません。ワックス等整髪料が付いていればなおさらです埃や汚れが吸着するので当然艶なんか出ません。炭酸泉は、そう言った汚れやカスを除去するのに優れています。炭酸に含まれる二酸化炭素は肌や髪に付着した皮脂や汚れに付着して肌から引きはがす効果があります。

なので、お湯で洗うよりも汚れを落とす力があります。人間の皮脂は身体を保護する為にありますが過剰な皮脂に汗や汚れが吸着しますと酸化してしまい雑菌の繁殖や臭いの原因になります。その結果肌のpHバランスが崩れ、肌のトラブルの原因になります。炭酸はその原因を素早く取り去り一番健康で清潔な髪や肌にリセットする効果が高いのです。

②頭皮毛髪の状態を弱酸性に整える

髪が健康かどうかは、毛髪の状態が酸性・アルカリ性のどの状態になっているのかが大きく関わっています。


この酸性・アルカリ性の強さを表すための値が、「PH」です。

「PH」は0~14の数値で表されます。

例えば、通常の水は中性で「PH=7」となり0に 近づくほど酸性が強く、14に近づくほどアルカリ性が強くなります。

一般的に、毛髪が一番健康な状態と言われているのが「PH4~7(弱酸性)」の状態 です。

カラー剤や パーマ液はアルカリ性にあたるので施術後は頭皮がアルカリ性になってしまっているからです。

アルカリ性の髪はキューティクルが傷つき、水分がなくなるとパサ つき手触りの悪い毛質となってしまいます。

通常のお湯はpH7前後であり、肌から見ればアルカリよりになります。

そのようなアルカリ性の頭皮毛髪を健康な状態の弱酸性に戻してくれるのが炭酸泉なのです。

オークで使用している炭酸泉の「PH」は「4.9」の弱酸性なので施術後に炭酸泉で髪を洗浄することにより髪の状態が一番健康だと言 われている弱酸性に戻し毛髪内の残留アルカリを除去してくれるので、余分なお土産(残留アルカリ、パーマ、カラー剤のカス)を髪の毛に持ち帰らせないのです。

③血行促進 

お湯でも血行促進は図れますが、炭酸泉はお湯よりもさらに効果的に血行促進が図れます。

なぜ、炭酸泉は血行を促進するのでしょう?

人間は呼吸で酸素を吸収すると肺から血液に乗って全身に運ばれ、酸素をエネルギーとして使ったあとはゴミとして出された二酸化炭素が血液に 乗って肺に届き、吐く息として体外に排出される仕組みになっています。
つまり、体内で酸素を使った分、二酸化炭素ができるわけです。

この人間の身体の仕組みに、炭酸泉の効果が活きてきます。

炭酸泉の炭酸ガス(二酸化炭素)は皮膚を通 り毛細血管に届きます。

血中の二酸化炭素(炭酸ガス)が増える事により脳は「酸欠だ!」と勘違いし、酸素を全身に送るために血流をコントロールする弁を 開く命令を出すのです。

これにより血流の勢いが増し、結果的に血行促進に繋がります。

血行が良くなるということは食事などで摂取した栄養や酸素を髪をつくり伸ばしていく毛母細 胞にまできちんと行き渡らせることができます。

髪にとっては、頭皮の血行の良し悪しはまさに生命線とも言えるほど重要で定期的に炭酸泉でのケアを行うこと で頭皮が血行不良をおこさないようにしてあげましょう。

血行が促進されると、血液の流れにのって髪に栄養が行き渡るようになり、健康な髪の成長をサポートします。

また、皮膚の赤味というのは酸素が足りなくなったとき血液循環が悪い時(うっ血)に起こります。

オークでは炭酸配合のジェルを顔や頭に使用します皮膚につけた部分が赤くなるのは、意図的にそこの部分の酸素量を減らし酸欠を起こさせているのです。

そうすることにより大量の酸素が必要になり逆に血液循環を良くしているのです。

そうすると肌の汚れやむくみ等が取れて血液循環が正常になりより肌に透明感が出て来るという訳です。

ここまで色々と書きましたが、勘違いしてはいけないのは炭酸は髪質改善とか素肌改善をするためのモノではありません本来自分が持っている髪や肌の素の美しさを実感する為のモノです素の状態に戻すゼロベースという体験をしてみてください。

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。